とろぴかると

「Tropical House」とは南国っぽいメロディックでポップなハウスミュージックの総称です。最近は流行りに乗っかっただけのエセトロピカルハウサーが多いので、ここで本当の「Tropical House」をお勉強しましょう。

パリからやってきたハウス、ファンク界のマリオ『Dabeull』

f:id:tesseract-ik:20150916085723j:plain

 

 『Dabeull』は『New Fonk』というジャンルを提唱していてファンク、80年代、ハウス、ソウルなどの要素を取り入れ、Juno-108やDX7などのOld Schoolなシンセを多用し作曲活動をしています。Talk Boxを使った独特のボーカルも彼の持ち味ですね!

 

彼は定期的にStudio Sessionを「in DAstudio』というシリーズでYouTubeにアップしています。こちらは先日紹介した『FKJ』さんとの一コマ。

www.youtube.com

 

『FKJ』さんのイケメンっぷりだけが目立ってしまっています。この二人が口にくわえて演奏しているのが『Talk Box』ですね。『Daft Punk』の曲などで聴いたことがある方もいるかもしれません。お次は『Dabeull』さんがメインの『in DAstudio』。

 

www.youtube.com

 

ふざけて横で踊っているだけかのように見えた『Dabeull』さんですが、今回はとてつもなく素晴らしい曲を完成させたようです。

 

お茶目な風貌と、そこからは想像できないような哀愁漂う素晴らしい曲の数々。

80年代、ファンク好きの方は要チェックですね。

 

Dabeull

Facebookhttps://www.facebook.com/dabeullmusic?fref=ts

 Soundcloudhttps://soundcloud.com/dabeull

 

 

soundcloud.com

広告を非表示にする